ラ・ミューテとビーグレン、どちらを選ぶか迷った時は?

顔にできるポツポツニキビは、思春期でも大人でも気になります。

ニキビとは毛穴に皮脂が詰まって炎症したものですが、その痕を残さずに治すのに苦労している人は少なくありません。

そんなニキビに悩める人の間でとくに人気なのが「ラ・ミューテ」と「ビーグレン」です。

今回は、このラ・ミューテの美肌セットとビーグレンのニキビセットについて違いを見ていこうと思いますので、選ぶのに迷っていたら参考にしてくださいね。

まずは、ラ・ミューテです。

こちらは、ビオリズム洗顔フォーム・エンリッチ化粧水・アドバンス保護美容液の3ステップで大人ニキビ・ニキビ痕などの改善にアプローチしてくれます。

国産の無農薬有機栽培のダマスクバラを使用した「ダマスクバラ花水」配合で、これはラ・ミューテの大きな特徴です。

ダマスクバラには女性ホルモンバランスへの働きかけがありますので、ニキビの原因のひとつであるホルモンバランスを整えて、根本からニキビ改善をしていくことにつながります。

他にも、ローズの天然潤い成分とナノ保湿成分が肌に潤いを与え、3種のセラミドとスクワランがバリア機能をサポートしますので、優れたニキビケア効果を発揮してくれます。

また、プラセンタやヘキサペプチド−3も配合されていますので、肌にハリと弾力を与えてくれます。

このふたつの成分は、ニキビ痕改善の助けとなると同時にシミやシワなどのエイジングケアにもなりますので、アンチエイジング効果も期待できるといえるでしょう。
ラ・ミューテで吹き出物(大人ニキビ)が改善するのは本当?

次に、ビーグレンです。

ビーグレンは、クレイウォッシュ・クレイローション・Cセラムという3ステップで大人ニキビにまつわる悩みを改善へと導いてくれます。

顔ニキビに限らず、背中やデコルテなどのカラダのニキビや、ニキビの炎症、ニキビ痕の色素沈着、凸凹のニキビ痕など、ニキビに関わるあらゆる悩みに対応します。

ビーグレンのクレイが毛穴の黒ずみや皮脂汚れを綺麗に落とし、洗顔料と化粧水の両方に配合されているグリチルリチン酸ジカリウムがニキビの炎症を抑えてくれます。

そして、仕上げのCセラムにはビタミンCが誘導体型ビタミンCの10倍以上も配合されていますから、皮脂の過剰分泌抑制とニキビ菌の増殖を効率的に抑えてくれるという仕組みです
ビーグレンのニキビケアセットの体験

ビタミンCといえば、言わずと知れた美白・美肌成分です。

そのビタミンCを世界特許の浸透テクノロジーを使って毛穴の奥までしっかり浸透させますから、ニキビ痕の色素沈着や凸凹肌の改善、さらには美白効果も期待できるんです。

このように比較して見ると、たとえばビーグレンのほうは、炎症しやすく赤ニキビが出来やすい方や毛穴の黒ずみが気になる方、つまり新陳代謝が活発な10代〜20代のニキビにより向いているのではないでしょうか。

公式サイト↓
ニキビ跡

そしてラ・ミューテ美肌セットはアンチエイジングにつながる成分も含まれていますので、シミやシワが気になる人や30代以降の大人ニキビに悩む方に、よりおすすめと考えられます。

もちろん、ニキビにまつわる悩みであれば、どの年代の人がどちらの商品を使用してもすぐれたケア効果で改善へとつながります。

ただ、どちらか選ぶ際はニキビ改善にプラスアルファで付随する効果に着目すると、選びやすくなりますよ。

us